AV女優

《桃永 ぱいん》 #0044 AV女優業の傍、YouTubeやデザインを行っている桃永 ぱいんさんに一問一答しました。

卒業後,美大,芸大,宝田もなみ,進路,仕事

AV女優業の傍、YouTubeやデザインを行っている桃永 ぱいんさんに一問一答しました。

Q. お名前を教えてください。
A. 桃永ぱいんです。

Q. 生年月日を教えてください。
A. 1992年10月9日です。

Q. 出身地はどこですか?
A. 東京です。

Q. 出身学校と学部を教えてください。
A. 出身学校はひみつです。絵画専攻でした。

Q. どのような高校生でしたか?高校生の時何をしていましたか?
A. 高校生のときはバイト、予備校、部活、委員会など色々やっていて今思うと忙しい高校生でした。中3のときに美大に行くことを決めたので、勉強は最低限でいいやって感じだったのとそもそも集団授業がとてつもなく苦手だったので授業中は寝るか好きな本を読むかしてました。
あとは美術館行ったりその時々で好きな音楽にハマったりヌーヴェルヴァーグの映画を見まくったり。
キラキラした青春を送りたかったのに女子校だし美術予備校も女子ばっかりだし出会いもないし、毎日それなりに充実してるけど何か決定的に足りてない!!みたいな気持ちが常にありました。

Q. 浪人生活はどうでしたか?
A. 私はちょっとイレギュラーな経歴なので、いわゆる普通の美大の浪人生はやったことがないんですが、1年間浪人してた時期があります。(家庭の事情で1回美大を諦めて違う学校を目指しました。)ほぼ自宅浪人で、毎日近所の図書館で勉強してました。友達もいないしお金もないから出かけられないしあの時期が間違いなく人生で1番つらかったです。つらすぎてほとんど記憶がないんですが、図書館で無料で借りれる映画を見たり本を読んだりしてやり過ごしていました。当時は信頼できる人が誰もいなくなってしまって本当に孤独でした。死ぬかもなと思うくらいつらかったので二度と戻りたくないですが、あの時期があったからこそ今の自分があると思ってます。

Q. 美術大学を目指すきっかけやできごと、理由等を教えてください。
A. 中学生の時に美大生の教育実習生が来たことが最初のきっかけだったと思います。その時にはじめて美大という場所があることを知りました。特別絵が上手いわけではなかったのですが一日中美術の授業だったらいいのにな~と思うくらい美術の授業が好きで、美大に行けばそういう世界があると知り、めちゃくちゃ行きたい!と思いました。ただ、周りに美大に行く人はほとんどいない学校だった上に絵が得意なわけでもない自分が美大なんて行けるのかな?とかなり不安はありました。

Q. 在学中にやっていたこと、考えていたこと、学んだことを教えてください。
A. 在学中はとにかく制作中心の生活でした。私は自分自身のあらゆる経験を基に作品を作っていたので、色んな場所に旅行してみたり、色んなバイトをしたりしてました。バイトはもちろんお金のためではあったんですが、世の中がどうなっているのか知りたいという欲もありました。あの頃は生活とは何かを作品を作りながら考えてる感じでした。具体的には毎日思いついた言葉を書き続けたり、詩を書いたり、記憶の中にある映像を絵にしたりしていました。 メディアはなんでもよくて、映像や写真を使うこともあるし立体を作ることもありました。
大学で学んだことは色々ありますが、何かやるときは人と協力しあった方がいいということは在学中も今も感じ続けています。制作は基本は1人でやっていたんですが、大きいものを作りたかったらひとりでは無理な場合もあるし、自分が不得意なことはそれが得意な人にやり方を聞いたりお願いした方がスムーズに行くんですよね。あと私は先生に『頭で考えすぎだから考えないで作った方がいい』と言われたことがあって、それは今でも心得てます。

Q. 学部を卒業してからの進路や、今してることを教えてください。
A. 桃永ぱいんという名前ではYouTubeをやったりたまにデザインの仕事を請け負ったりしていますが、生活のメインの仕事はAV女優で宝田もなみという名前でやっています。

Q. その職業(仕事)を選んだきっかけを教えてください。
A. 選んだというより流れついた感じはあるのですが、大学4年の時に愛と資本主義について考えていて、それまで身体を売るのは漠然と良くないことだと思っていたのですがよくよく本を読んだり調べたりしていたら、女が身体を売ってはいけない絶対的な理由はどこにもなかったんですよね。ただ最初からAV女優になるぞと思っていたわけではなく、AVの仕事自体は人に紹介されてはじめて考えて、病気のリスクも一番少ないしやってみようかなくらいの感じでした。始めはバレるのも怖かったしそこに踏み出すことに不安もあって信頼していた先生に相談しに行きました(笑)先生は公務員にならないなら損になることはないと言ってくれて(実際はそんなことないけど)、心強かったです。色んな先生や友人に仕事の話をしましたが美大だとなんでも寛容に受け入れてくれる空気があるので、AV女優だからといって差別されることは全然なくて有難かったです。

Q. 今後したいことを教えてください。
A. YouTubeを始めたので、とりあえずはそれを頑張りたいです。大学を卒業してから本格的な制作はしていないのですが、やっぱりアートが好きなのでアーティスト活動もしていきたいと思ってます。他にもやりたいことが沢山あるんですが、発展途上国に学校を建てられるレベルまで人生がんばりたいです。

Q. どんなYouTubeですか?
A. YouTubeはまだ探り探りなんですが、エロとは違う方向で自分が興味があることや面白いと思えることをやっていきたいな〜と思ってます。オカルトというか都市伝説やスピリチュアルの話も個人的趣味で好きなんですが、闇の勢力に消されるのが怖いのでひよっています(笑)

Q. 在学中にやっておけばよかったと思うことはありますか?
A. 在学中はお金に関する知識とお金を稼ぐ術をもっと知っておくべきでした。お金が無いとバイトに時間が相当奪われるし制作にもお金がかけられなくて本当にやりたいことができなかったりします。そういう経験も悪くはなかったけど、ちょっともったいなかったなと思います。
それと家族を気にするのをもっとはやくやめていれば良かったなーと思ってます。親に学費を払ってもらっているという負い目もあったのですが、私は結局最後の最後まで少なからず親を気にしていた部分があって。卒業制作期間に、実家だと制作できないとか言って半分家出みたいな感じで強引に家を出たんですが、もっと早い段階で出ればよかったです。

Q. お金に関する知識とお金を稼ぐ術とは、具体的にどんな知識とどんな術ですか?
A. 確定申告や税金など制度的なことはもちろん、そもそもお金とは何なのかなど知っておいた方がいいことはたくさんあるんですが、まず第一に必要なのは金銭感覚を掴むことかなと思います。絶対によくないのはタダで技術を使うこと。私も学生時代やってしまったことがあるんですが、社会人の友達にビジネス用の広告作りを頼まれて結局タダでやってしまったんですよね。これは広告業の市場価値も下げる行為なのでホントに良くないです。社会人になってみるとこういうことは当たり前にわかるんですけど、当時は相場もわからずまあいいやってなってしまった。まあ私が良くなかったんですが、美術の世界ってこういうことが起きがちだと思うんですよ。絵を描いたりするのって子供の時からみんなずっとやっててそこでお金を貰うってないじゃないですか。だからその延長でタダや格安で依頼を請け負ってしまうことは学生だとありがちだと思います。でも社会は結構大きなお金が簡単に回っていたりするし少しでも美術を仕事に繋げていきたいなら相場や価値の付け方も学んでいくべきだなと思います。
お金を稼ぐ術というのは色々ありますが、真面目に時給1000円のバイトをする以外にも色んな選択肢が本当はあるんですよね。私が今しているようなセックスワークもそうだし、女の子はキャバクラやガールズバーもできる。あとは絵やグッズを売るとか投資するとか起業するという手もある。ビジネスのことを考えなくて良いのが学生のいい部分でもあったけど、もっと早くから社会の感覚を知っていたら違っただろうなあと思うことはあります。もちろんお金が全てではないし、学生のうちはお金が関係ないからこそできることが沢山あるんですが、社会人になると実はお金がないとお金に関係ないことができなくなってしまうんですよね。。。

Q. 過去または現在で影響を受けたものはありますか?
A. 今の仕事に繋がっているという意味では山田詠美と菜摘ひかるの本にはかなり影響を受けてますね。
あと中学生から高校生にかけて好きだったお笑いにも影響を受けていると思います。ちょうどお笑いブームの時期で、いろんな番組もあったしネットで毎日劇場ライブも見れたりして、時々劇場にも足を運んでました。いろんな表現を手軽にみんなが見れるお笑いの文化はほんとにすごいと今も思っています。

Q. 気分転換は、どうしていますか?
A. 散歩しても音楽を聴いてもだめだなという時は友達に会うことが多いです。

Q. 衣食住、生活で気をつけている事や、好きな事を教えてください。
A. 食はできるだけ健康的なものを食べようと心掛けています。ひとり暮らしを始めたとき黒糖ロールパンばっかり食べてたら風邪をひきやすくなってしまって、食は重要だと実感しました。職業柄、身体が資本なので体調にはかなり気を遣っています。

Q. 今行っていることのSNSやURL等ありましたら教えてください。
Twitter▶桃永ぱいん(@mona_pine)
YOUTUBE▶https://www.youtube.com/channel/UCnbH6b2W1piHY-Ndz0zyElg

コンタクトをとってみる

ありがとうございました!

関連記事
卒業後,美大,芸大,就職,進路,仕事 U30

《小林 のんき》 #0037 芸術学科を卒業した後、キノママという会社を創業し経営している小林 のんきさんに一問一答しました。

2019年11月14日
芸大・美大卒の生き方ポートフォリオ
芸術学科を卒業した後、キノママという会社を創業し経営している小林 のんきさんに一問一答しました。 Q. お名前を教えてくだ …