U30

《後藤 宙》 #0005 糸を使った立体作品やインスタレーションを制作しているアーティストの後藤宙さんに一問一答しました。

卒業後,美大,芸大,就職,進路,仕事

糸を使った立体作品やインスタレーションを制作しているアーティストの後藤宙さんに一問一答しました。

 
↑後藤宙さんの作品。糸を使った立体作品やインスタレーションを制作している

Q. お名前を教えてください。
A. 後藤宙です。宇宙の宙と書いてかなたと読みます。姉は遥です。

Q. 生年月日を教えてください。
A. 1991年10月14日です。

Q. 出身地はどこですか?
A. 世田谷生まれです。

Q. 出身学校を教えてください。
A. 東京藝術大学です。

Q. どのような高校生でしたか?高校生の時何をしていましたか?
A. 高2の夏まではアホみたいに遊んでました。その時自分で自分に課してた使命が「毎日遊び尽くさなければ、嘘。」で、友達と夜遊びしてました。ただ勉強も割とちゃんとやってて、将来どうしようかな〜とかいう思いもぼんやりありました。高2の1学期に美術の先生に「かなた、美術部へえれ。」と言われて、突然コレかもなと思って美術部に入り、夏休み中は毎日9時から16時まで油絵とデッサンを描きまくって、夏休み明けから美術予備校に通いだしました。

Q. 浪人生活はどうでしたか?
A. 最高に楽しかったです。仲間にも恵まれたし、アイデアを形にするのがめちゃめちゃ楽しかったです。ただ、デッサンは苦手だったし、コピーという行為に途中から全くクリエイティビティを感じなくなったので、嫌いでした。

Q. 東京芸術大学を目指すきっかけやできごと、理由等を教えてください。
A. 目指すなら1番でしょ。くらいの理由です。高2の時に私大にもオープンキャンパスに行きましたが、そんなにそそられなかったです。

Q. 在学中にやっていたこと、考えていたこと、学んだことを教えてください。
A. 学校の課題はこなしつつ、作品を作っては発表して作っては発表してとやっているうちに4年の時にギャラリーと契約して、大学院ではハワイ、ベルリン、マイアミ、ブリュッセルなどでも作品を発表する機会を得られました。また、初めての個展を開いたり、コンペでグランプリを取って100万円もらったり、奨学金制度のメンバーに選ばれて年間120万円援助してもらえたり、ミッドタウン日比谷に作品を納めたりとか、学外でいろいろ経験させてもらいました。とにかくアイデアを形にするのが楽しくて、アウトプットが最高のインプットと思って作ってました。学んだことは、学校では待ってても何も教えてくれないから自分で動くのが吉ってことと、自分に期待した上で、周りの自分に期待してくれる人を大切にして、いい物を作るのが、いい。ということです。

Q. 作品を作って発表して、作っては発表してとありますが、どのような場所で、どのような人に見せていましたか?
A. 最初は自分達で持ち出しで場所借りて、友達や先生しか来ないような展示もやってました。でも展示ができるってだけで、最高に嬉しかったのを覚えています。そこに向けて作るのも楽しいし、会場に飾られている作品を見るのも、同志の作品を見るのも楽しかったです。 しかし大学2年の終わり頃から外に向けて発表しなきゃ意味がないと思って3331やスパイラルの公募展に応募して、賞をもらったり、キュレーターや作品を買ってくれる人と出会っていったりしました。

Q. 学部を卒業してからの進路(キャリア)を教えてください。
A. 先端芸術表現科の大学院に進学して、昨年修了しました。現在はアーティストとして作品制作しつつ、それと並行して大学の教育研究助手もやってます。

Q. 今してることを教えてください。
A. リズムと軌道について考えながら、墨壺を使ったドローイングを研究しています。

Q. その職業(仕事)を選んだきっかけを教えてください。
A. 元々はデザイン科で幅広くグラフィックデザインや、映像、プロダクトデザインなどを学んでいました。ですが、周りが就活とかし始める頃になって、自分の作りたいものが誰かに頼まれて出てくるのではなくて、もっと自分の身体や、過去の経験や、宇宙と繋がってる感覚などの要請によって生まれてくることに気づいて、これを形にし続けて死のうと思ったのがきっかけです。

Q. 今後したいことは何ですか?
A. とにかく作品を作りたいです。立体作品だけでなく、インスタレーションで大きいものが作りたいです。あとはまだ曖昧ですが、海外に拠点を移したいのと、美術以外の活動も含めて出来る自分の会社を作りたいです。美術の流れの中で作品を発表することはメインの活動として常にあります。ですがそのほかにもTシャツの制作や、音楽制作などもやっているので、それらを並行して継続させていけるように、そして今はまだない興味もガンガン取り込んでいけるように、柔軟かつ盤石なプラットフォームが作れたらいいなと思ってます。

Q. 在学中にやっておけばよかったと思うことはありますか?
A. そうゆうことだらけです。ガンガンやってるつもりではいましたが、全然足りませんでした。せめて3倍くらいガンガンできたらよかったなと思いますが、徹夜とか嫌いなので、無理だったと思います。

Q. 過去または現在で影響を受けたものはありますか?
A. フランク・ステラの作品や制作スタイル。神保町で見かけた仮面。日本とアメリカのHipHop

Q. アーティストになるにはいろいろな方法があると思いますが、作品を作る事以外で具体的にどうすればいいですか?また、作品を作る以外で必要なスキル等はありますか?
A. なりたいアーティストのビジョンにもよるとは思いますが、ポートフォリオを作って人に見せる、は確実にやらなきゃいけないと思います。 作品を作る以外で必要なスキルは、ある程度の図々しさ、でしょうか。

Q. 気分転換は、どうしていますか?
A. 制作の気分転換がアトリエの改修っていう作りたがりです。あと最近はストレスが溜まると買い物がしたくなって古着を買ったり、工具を買ったりしてます。

Q. 衣食住、生活で気をつけている事や、好きな事を教えてください。
A. 作業以外ではなるべく好きな服を着てたいです。キチッとした格好や締め付ける所が多い服にはエナジーを奪われます。

Q. 今行っていることのSNSやURL等ありましたら教えてください。
A. twitter
https://mobile.twitter.com/KanataGoto
Instagram
https://www.instagram.com/kanatagoto/

ありがとうございました!

コンタクトをとってみる

関連記事
卒業後,美大,芸大,就職,進路,仕事 U30

《奥 誠之》 #0024 絵を描いて発表したり売ったりする傍ら、公共図書館で非正規雇用の司書をしている奥 誠之さんに一問一答しました。

2019年10月12日
芸大・美大卒の生き方ポートフォリオ
絵を描いて発表したり売ったりする傍ら、公共図書館で非正規雇用の司書をしている奥 誠之さんに一問一答しました。 Q. お名前 …