U40

《 深津 康幸》 #0046 面白法人カヤックを退社後、さまざまなプロジェクトの企画、制作、新規事業を行い、現在自身の会社でknowという会社を経営しながら暮らしにかかわる様々な事業を行っている深津 康幸さんに一問一答しました。

卒業後,美大,芸大,深津康幸,進路,仕事

面白法人カヤックを退社後、さまざまなプロジェクトの企画、制作、新規事業を行い、現在自身の会社でknowという会社を経営しながら暮らしにかかわる様々な事業を行っている深津 康幸さんに一問一答しました。

Q. お名前を教えてください。
A. 深津康幸と申します。

Q. 生年月日を教えてください。
A. 1981128日生まれです

Q. 出身地はどこですか?
A. 茨城県日立市出身です。

Q. 出身学校と学部を教えてください。
A. 東北芸術工科大学のデザイン工学部グラフィックデザイン学科に入り、その後、修士のデザイン工学を卒業してます。

Q. どのような高校生でしたか?高校生の時何をしていましたか?
A. 高校生の頃は、家から一番近い公立の進学校に入りましたが、あまり学校での勉強はせず、電車で40分くらい離れた水戸の美術予備校に通い、デッサンや平面構成に夢中になってました。

Q. 美術大学を目指すきっかけやできごと、理由等を教えてください。
A. 月並みですが、絵を描くのが好きというのがきっかけだったと思います。そもそもなぜ絵を描くのが好きになったのかというと、小さい頃、子守してくれたおばあちゃんがパルプ工場で働いていて、家に大量の紙があり、ずっと落書きしてたことと、父の仕事の関係で転校が多く、転校先で友達作るのに、絵を描いて周りの興味を引くことをしてたからだったと思ってます。

Q. 在学中にやっていたこと、考えていたこと、学んだことを教えてください。
A. 学部の頃は、ストリートダンス8割、デザイン2割くらいの生活でした。ストリートカルチャーにハマったことを機にグラフィティアートをやっていた時期があり、その表現スタイルが3Dでの描画でした。そこから二次元における立体表現というテーマに興味がわき、研究のため大学院に進みました。割と好きでハマったことから、人と違う世界が見えてきて、その世界を掘り下げるということに興味があったと振り返って思います。

大学院でつくったTDC入選作品「Paper Typography」。紙を折るだけで立体的なアルファベットを表現

Q. 学部を卒業してからの進路や、今してることを教えてください。
A. 大学院を卒業後は、ドローグデザインなどを日本でも早くに取り扱いを始めたデザインスタジオtricoにデザイナーとして就職。その後、いくつかの広告プロダクションを経て、面白法人カヤックに入りました。カヤックでは、広告業界がちょうど過渡期で、既存広告が減り、新しいカタチの案件が増えていた時期でした。企業のR&D事業部と新規事業の立ち上げをしたり、IoTデバイスやインタラクティブコンテンツの制作、映像からイベントに至るまでさまざまなプロジェクトの企画、制作などのディレクションやプロデュースの仕事をしました。その後、カヤックの同僚とブルーパドルという会社を立ち上げたり、メーカーとプロダクトデザイナーと一緒に電子マネー決済機能付きガチャガチャのハードウェアベンチャーを立ち上げたり、今現在は、自身の会社でknowという会社を経営しています。knowでは「暮らしに関する課題を解決し、社会をアップデートする」というステートメントをかかげ、暮らしにかかわる様々な事業を行っています。

Q. その職業(仕事)を選んだきっかけを教えてください。
A. 大学から新卒の頃は、デザインできるだけでも喜びがありましたが、働いているうちに時代の潮目が徐々に気になりだすようになりました。当時はグラフィックからデジタルへ、デジタルもSNSが登場したり、マスマーケティングが衰退したりと、その流れについていくことに、今の環境(仕事)に留まっていてはヤバい!くらいの危機感をもって、転職含め新しいことにチャレンジするのに必死でした。
その感覚は今も変わらず、今の会社の事業を「暮らし」に絞ったのも、普遍的な経済圏だし、レガシーで発展遅れてる業界で、今後もっと注目され、テクノロジー含め伸びていくジャンルだと思ったからです。
当時、グラフィックデザイナーからウェブデザイナーに転身したときは、大学の工芸の先輩に、おまえはグラフィックを捨てるのか!と説教されましたが(笑、自分的には、今までもこれからもブレずにやっていきたいなと思ってます。

Q. 今後したいことを教えてください。
A. 今後は、自分の暮らしが豊かになることにフルコミットしていきます。まちづくりから、子育て、教育の問題、世界規模の社会問題の解決など課題は山積みです。

Q. 在学中にやっておけばよかったと思うことはありますか?
A. 在学中から、社会に出て、自分でやるにせよ企業と行うにせよ、ビジネスに踏み込んでおけばよかったと思ってます。

Q. 過去または現在で影響を受けたものはありますか?
A. ちょっと質問の意図から外れるかもですが、今までは広告、クリエイティブ、デジタルの業界にいたのですが、今は、建築、不動産、自治体や行政、研究機関の方々やローカルコミュニティと接する機会が増えてきました。考え方や言語、時間の概念、コスト感もまったく違うので、とても影響(刺激)を受けて、自分自身の考え方や価値観がアップデートされました。

Q. 気分転換は、どうしていますか?
A. 会社員をやめてから、家族と過ごす時間が増え、コロナの影響もあり電車含め移動の時間もなくなり、ストレスがなくなりました。平日も午前中は、子供と過ごしたり、奥さんと子守や家事を交代したり、運動したりと気分転換になってます。

Q. 衣食住、生活で気をつけている事や、好きな事を教えてください。
A. 自分の住んでいる周りでお金を消費することが増えました。通勤していたときはあまり気にしなかったのですが、お酒飲むのも、食事するのも、買い物するのも、顔の見える地元のお店でできることに幸せを感じるし、そういった事業者が協力しあえる街にしていきたいし、住みたいと思ってます。

Q. 今行っていることのSNSやURL等ありましたら教えてください。
A. 会社のホームページです。
know Inc
https://know-corp.jp/

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/yasuyuki.fukatsu

最近、近所の農園と社会課題であるプラスチックゴミ問題に対するプロジェクトを行いました。https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000052440.html

コンタクトをとってみる

ありがとうございました!

関連記事
卒業後,美大,芸大,就職,進路,仕事 U30

《日原 佑花子》 #0010 フットウェアブランド、PR会社で働きながら、アーティスト・デザイナーとして活動している日原 佑花子さんに一問一答しました。

2019年8月25日
芸大・美大卒の生き方ポートフォリオ
フットウェアブランド、PR会社で働きながら、アーティスト・デザイナーとして活動している日原 佑花子さんに一問一答しました。  …
卒業後,美大,芸大,就職,進路,仕事 U50

《藤林 悠》 #0043 東京藝術大学教育研究助手の任期を終えた後、作品発表は続けながらも、スペース運営や展覧会企画も行いながら一般企業内図書室の司書で働いている藤林 悠さんに一問一答しました。

2020年2月6日
芸大・美大卒の生き方ポートフォリオ
東京藝術大学教育研究助手の任期を終えた後、作品発表は続けながらも、スペース運営や展覧会企画も行いながら一般企業内図書室の司書で働いて …