U50

《宗戸 恵里佳》 #0006 県立高校美術科の時間講師をしている宗戸恵里佳さんに一問一答しました。

卒業後,美大,芸大,就職,進路,仕事

県立高校美術科の時間講師をしている宗戸恵里佳さんに一問一答しました。

Q. お名前を教えてください。
A. 宗戸恵里佳です。

Q. 生年月日を教えてください。
A. 1976年11月12日です。

Q. 出身地はどこですか?
A. 東京都です。

Q. 出身学校を教えてください。
A. 最終学歴は東京藝術大学大学院です。学部から工芸科で染織を専攻、織を学んでいました

Q. どのような高校生でしたか?高校生の時何をしていましたか?
A. 特に楽しいかったという思い出もなく…高校生活の記憶はほぼ皆無です(笑)。

Q. 浪人生活はどうでしたか?
A. 高1から美術予備校へ通ってはいましたが、結果5浪もしてしまいました(笑)。3浪まで日本画科で浪人していましたが、大学で絵を描くこと(自己表現)が本当にやりたい事ではないと気が付き、実用的な表現が可能な工芸科を目指すため4浪目に転向しました。で、5浪目で合格。多浪はおすすめしません(笑)。

Q. 多浪をオススメしない理由を教えてください。
A. これは個人の見解で多浪の人間全てに共通するとは限りませんが…私の場合、受験のための絵を鍛え技術を身に付けることに疲弊し、表現することへの楽しさや喜び、嬉しさが削がれてしまいました。例えば、石膏像は形を記憶しているのである程度は描けてしまう、花や果物の色を塗るにしても選ぶ色や手順を覚えている…、実物が存在しなくても描けてしまうんです(苦笑)。大抵のモノは、頭で描けるので描いていてちっとも楽しくないし、いくら他人から上手だと褒められても全く嬉しくなかった。浪人を重ねたことによって、自分の中から描く楽しさが損なわれてしまったなぁと、受験から20年近く経っても辛い気持ちがあります。勤務校では、受験を控えた3年生の専門実技を指導しています。工芸系分野の進路相談を受けたときは、上記の体験談や芸大と私大の違いなどを伝え、判断材料にしてもらえるよう話しています(笑)。

Q. 東京芸術大学を目指すきっかけやできごと、理由等を教えてください。
A. 母子家庭だったので、奨学金を借りれば何とか通える国公立を目指していました。しかし、5教科のハードルは高く…芸大の3教科も怪しい学力でした。当時の芸大工芸科は、センター試験で5割程度の点数が取れれば実技でカバーできるという噂を信じ頑張りました。心のなかには、「芸大」というネームバリューへの憧れもありました(笑)。

Q. 在学中にやっていたこと、考えていたこと、学んだことを教えてください。
A. 芸大は…工芸科といった方がいいか(笑)。権威的すぎて私には合わず、入学して1ヶ月後には辞めたいと思っていました。伝統だから…とか、決まりだから…といった理不尽な一方的決定も多く、飲みニケーションも多くて何をするために進学したのかな???という感じで(笑)特に学部1年生はそれらを遂行するだけといった感じで…決して民主的な雰囲気ではなかったですね(笑)。また、受験のために培った技術は、大学では殆ど役に立たなかった(苦笑)。
工芸科は2年後期から6専攻に別れ専門実技を学びます。卒業制作まで1年半しかないので、染め・織りどちらで制作しうか迷っていました。結局、自分のペースで進められる心地よさ、技法や素材感の幅広さ、織り専門の講師との相性も良かったので織り(タペストリー)で制作し、大学院でも織りを学びました。
私が学部4年の時だったか…、研究室全員で三重県紀北町の町興しに参加しました。その期間中、地元の林業家主催の檜のかんなくずを使用したワークショップに参加し、かんなくずの素材感に強く惹かれました。その直後、知人から愛知万博でNPO法人のブースにサステナブルな素材の作品展示の話があり、檜のかんなくずで作成したタペストリーを作りました。
その経験から、更に修了制作では檜のかんなくずの他、その樹皮も使用したタペストリーを制作することができました。大学院は素材と織技法の研究に没頭できたことに大変満足しました。

Q. 学部を卒業してからの進路(キャリア)を教えてください。
A. 学部2年から美術予備校講師アルバイトをしていましたが、就職活動は実を結ばず…15年程予備校講師をしました。同時並行的に多い時は3つ掛け持ちでアルバイトをし、中でもギャラリーや外資飲食業でのアルバイトは大変役立ちました。現在は、県立高校美術科の時間講師をしています。

Q. その職業(仕事)を選んだきっかけを教えてください。
A. 高校での仕事は今年で6年目になりますが、当初は予備校と掛け持ちしていました。しかし、受験のための指導ではなく生徒個人の良さを伸ばすことに関われる、教育としての美術に強く惹かれました。

Q. 今後したいことは何ですか?
A. 現在、武蔵野美術大学通信教育で教員免許の取得を目指し勉強しています。今後は、様々な子どもたちと関わわれたらなと考えています。

Q. 在学中にやっておけばよかったと思うことはありますか?
A. うーん、特にないですね。

Q. 過去または現在で影響を受けたものはありますか?
A. 特に思い浮かばないけれど…、やってきたことや人との出会い等々、様々な影響は受けてきたと思います。最近では、外資の飲食業が仕事の関わり方や接客を通して非常に良い影響を与えてくれました。夫とはここで知り合えましたし、そういった意味でも最高です(笑)。

Q. 気分転換は、どうしていますか?
A. 夫とのお喋り、コーヒー、ドライブ、好きなカフェスタッフとのお喋り、Instagramで美しい画像を見つけて見入る、プロサーファーのSurfingに見入る…。ざっと思いつく限りこんな感じ笑

Q. 衣食住、生活で気をつけている事や、好きな事を教えてください。
A. 食べたいものを食べる、眠いときは寝る、動きやすい服を着る、化粧はしない、何をしたいんだろ?と考え続ける…。かな笑

Q. 今行っていることのSNSやURL等ありましたら教えてください。
A. なんの変哲もない日常の投稿です。https://www.instagram.com/erikamuneto

ありがとうございました!

関連記事
卒業後,美大,芸大,就職,進路,仕事 U30

《藤ノ木 拓磨》 #0000 アートスクールの運営を行なっている株式会社フォーアースリングス代表取締役の藤ノ木拓磨さんに一問一答しました。

2019年7月16日
芸大・美大卒の生き方ポートフォリオ
アートスクールの運営を行なっている株式会社フォーアースリングス代表取締役の藤ノ木拓磨さんに一問一答しました。 Q. お名前 …
卒業後,美大,芸大,就職,進路,仕事 U50

《竹内敬一aka軍曹》 #0040 浅草の工務店にて業務改善並びに新規開拓営業の助っ人として働き、その他にはTシャツブランド運営、ライフワークとして絵本製作、糞雑魚ロボ動画YouTuberの竹内敬一aka軍曹さんに一問一答しました。

2019年12月12日
芸大・美大卒の生き方ポートフォリオ
浅草の工務店にて業務改善並びに新規開拓営業の助っ人として働き、その他にはTシャツブランド運営、ライフワークとして絵本製作、糞雑魚ロボ …